fc2ブログ

左ヒザの治療


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

左ヒザと背中の痛みを治療してもらうために、2度目のカイロプラクティック(整体)に行ってきました。

僕の英語でも何とかなるので、今回も通訳はいません。

前回と同じように上半身裸になり背中の治療。背中を強く押され、「うぅ~~」となった後、座った姿勢で手を頭の後ろにし、息を吐きながら、先生が後ろからボキボキボキィ~。ちょっとした恐怖の瞬間です。

しかし、ボキボキよりも恐怖の体験をすることになるとは、この時点では思いもしませんでした。

「じゃ、ズボンを脱いで、この短パンを履いて」と先生に言われて、短パンに履き替えました。上半身は寒いのでTシャツを着ています。

先生は僕の両膝をいろいろな角度に曲げて「ここ痛い?こっちはどう?」と聞いてきます。結果、「ヒザの使い過ぎ(歩き過ぎ)」が原因のようです。シドニーに来てから仕事とアパート探し、シドニー探検と日本に住んでいたときには考えられないぐらいの距離を歩いていましたので、その反動がきたようです。

この程度で「ヒザの使い過ぎだったらスポーツ選手はどうなってしまうんだ?」という意見もありますが、あくまでも「僕にとってはヒザの使い過ぎ」ということで理解してください。僕のヒザはガラスのヒザですから・・・。

原因と痛い部分がわかってから、先生が「Acupunctureってやったことがある?」って聞きました。「あきゅぱんくちゃー?・・・・その単語、聞き覚えがあります。もしかして・・・・針を刺すやつ?」と聞くと「そうだよ」との答えが。そうです。鍼灸なのです。

僕は一度も鍼灸をやったことがありません。だって、針を身体に刺すんですよ!危ないじゃないですか!それに痛そうじゃないですか!

たじろいでいる僕を見て先生が「嫌いだったら、無理してやらなくていいんだよ」と。

ここで断ったら日本男児として失格です。侍は侮辱されるのを最も嫌います。侮辱されるぐらいなら死を選んだ方がましです。

「鍼灸?そんなものは怖くも何ともないでござる」と先生に告げ、鍼灸スタート。

仰向けになり、左ひざを固定。先生が「痛くないから大丈夫だよ」と。少しチクッとしますが、痛くありません。

僕:「これって中国式なの?」
先生:「日本式だよ」
僕:「日本式と中国式ってどう違うの?」
先生:「日本式は針が細くてあまり痛くないけど、中国式は太い針を刺すから、けっこう痛いよ」
僕:「日本式で良かったぁ」(心の声:日本式とか中国式とか言っているけど、ニュージーランド人の先生にきちんと鍼灸ができるのか不安・・・。身体も大きくて、繊細な動きが苦手そう・・・。)

そんな中、3本の針を左ひざ周辺に刺し、4本目を刺そうとした時に「あと2本は痛いよ」と言われたので、めちゃめちゃ身構えてましたが、チクッがチクッチクッとなったぐらいで、それほど痛くありませんでした。

ただ、針が左ヒザに入ってくる感覚がわかるので、僕の顔はすっごく変になっていました。先生が「大丈夫?大丈夫?」と何度も聞いたぐらいです。

全部で5本の針が僕の左ひざに刺さったようです。というのも僕は仰向けの状態で針がどういう状態で刺さっているか見ることが出来ないのです。

「じゃ10分ぐらいこのままにしてね。ただ、針が刺さっている部分を見ようとすると、足の筋肉が動いて鍼灸によくないので左ひざは見ないでね。」と言い残し、先生は治療室から出て、僕一人に。

僕はどんな風に針が刺さっているか気になって仕方がありません。興味深々です。

「見るな」と言われると見たくなるのが人というものです。上体を少し起こし、恐る恐る左ひざを見ると長い針が5本、刺さっています。

「は、は、は、針が~~~ぼ、ぼ、ぼ、僕の左ひざに~~さ、さ、さ、刺さっている~~~!」

それから妙に左ヒザが変な感覚になって、「早く抜いて、これ、絶対に身体に良くないよ」とソワソワ。リラックスも出来ず、眠ろうと思っても眠れません。ちょっと左ヒザが痛くなってきたぐらいです。

この状況は・・・

高所恐怖症の人が吊橋を渡っている時、下を見ずに渡っていて、「な~んだ、意外と平気じゃん」と油断して、下を見た瞬間に足がガクガクして恐怖に慄く。

血液検査の時、採血しているのを恐いから見ていなくて、「あっ、意外と血を抜かれても大丈夫なんだな」と油断して、血を見たらフラフラして倒れそうになる。

という状況と同じです。

先生が来て針を抜くまで10分間がとても長く感じました。

鍼灸が終わって、左ひざが前よりも痛くなった気がします。針が刺さっていたということを考えると、足の力が抜けへなへなぁとなっています。人間、精神力を鍛えて逞しくならなければいけませんね。


「もう鍼灸はやりたくない」と思っているところへ、前回と同じように、姿勢を正すために背中の肩から腰にかけて、×とテープを貼ってもらいました。

これをすると確かに姿勢が良くなります。ただ、副作用もあります。テープを貼っている間はいいのですが、剥がすとテープが貼られていた部分が、かゆいのです。

それも思いっきり、掻きたくなるぐらいに。前回は掻きすぎて痛くなりました。だけど、かゆいのです。

もっと酷くなるといけないので、今回は短い時間でテープを剥がそうと思います。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

コメント

No title

お灸やってみたいけど、怖そう。
効果はどう?

emiさんへ

良くなっているような、変わらないような。
痛いときもあるから、やりたくなくなってきたよ。(>_<)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する