FC2ブログ

一番近くの中華料理


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

仕事後、自宅があるAshfield(アッシュフィールド)駅に戻り、友達と中華料理を食べに行きました。

アッシュフィールドは中国と言っても良いほど、中華料理のお店がたくさんありますが、どこが「おいしいのか?」「人気があるのか?」「安いのか?」がわかりません。ほとんどのお店の外には料理の写真がありますが、値段は表示されていないのが不安を増幅させます。

そんな中、お店を決めました。理由は・・・「家から一番近いから」

流川が湘北に行った理由と同じです。

お店の名前は「Xin Jiang noodle restaurant」(キシン ジャン ヌードル レストラン?) 最初のXinはどう発音していいのかわかりません・・・。

20080929-02.jpg
Xin Jiang noodle restaurant

メニューには英語と漢字が書かれています。そこは日本人。漢字を見れば、何となくどういった料理かわかりました。まぁ、写真があったからなんですけどね。


ちょっと味が薄かったチャーハン。塩をかけて食べたら、おいしくなりました。

20080929-04.jpg
チャーハン


この肉団子は黒酢の味がする甘辛いタレがかかっていて、とってもおいしかったです。身体に良くないと思いながら、タレまで完食。

20080929-05.jpg
肉団子


ヌードルの上には緑の野菜たちがたっぷり。ネギとパクチーです。


説明しようパクチーとは!

葉は主に東南アジアから東アジアで薬味として利用されるが、独特の風味があるため、人によって好き嫌いが大きく分かれる。

・中国では、
香菜(中国語 シアンツァイ)、芫荽(広東語 ユーンスイ)などと呼ばれ、スープ、麺類、粥、鍋料理などの風味付けに利用される他、東北地方には「老虎菜」(ラオフーツァイ)というキュウリ、ピーマンと共にサラダの様に生食する郷土料理もある。

・タイでは、
パクチー(ผักชี)と呼ばれ、トムヤムクンなどのスープをはじめとしたさまざまな料理に用いられる。

・ベトナムでは、
ザウムイ(rau mùi)と呼ばれ、本場の生春巻きやフォーには欠かせない食材となっている。

・中南米では、
シラントロ(cilantro)と呼ばれ、スープやサルサなどに広く用いられる。

・ポルトガルでは、
コエントロ(coentro)と呼ばれ、魚介類と野菜を主な材料とする鍋料理であるカタプラーナなどの郷土料理によく用いられる。ポルトガル料理の味を特徴づける重要な食材である。


この野菜はタイ料理でしか使われないかと思っていましたが、いろいろな国で料理に使われているようです。いつも「パクチー」と呼んでいましたが、どうやらタイ料理に使う場合のみパクチーという呼び方を使うようです。

なので、今回は中国語で香菜(シアンツァイ)、または芫荽(ユーンスイ)なんですね。説明が長くなってしまいましたが、何が言いたいかと言いますと、僕はこの野菜が苦手なのです。

このヌードルを一口食べたとき、この野菜の臭いがきつく、食べられそうにもありませんでしたが、少しずつ食べているうちに、おいしくなり、思わずたくさん食べてしまいました。食べず嫌いだったのかもしれません。

20080929-06.jpg
うどんみたいなヌードル

ちなみに上記の料理は合計で27ドル(約2,700円)、3人で行きましたので、1人当たり9ドル(約900円)です。

シドニーでの外食はどこのお店も値段が高いのですが、中華料理は安くてボリュームがあり、僕のお気に入りです。シドニーには中国人が相当数いますので、そのおかげなのかもしれません。材料や調味料は何が使われているか不安ですが・・・。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する