fc2ブログ

初めてのスペイン料理


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

友達と食事に行く事になりました。

みんな仕事の終わる時間がバラバラのため、第一陣は19時からLiverpool St(リバプール・ストリート)側のワールドスクウェア1階にある「V Bar(ブイ・バー)」で先に飲む事に。

お店の外にはちょっとシャッキとしない「V」のマークがあります。

20081008-01_20081013182845.jpg
V Bar(ブイ・バー)

そこでビールを飲みながら20時まで待機。そこはハッピーアワー(サービスタイム)でビールが2.5ドル(約250円)とかなりお得でした。

※ この日記を書いている時点で1オーストラリアドルが70円になっています。これはここ数年では異常なぐらいの数字です。ただ、平均は1オーストラリアドルは100円前後になりますので、この日記では1オーストラリアドルを100円で日本円に換算します。

20時になり第2陣と合流するため、Pitt St(ピット・ストリート)をGoulburn St(ゴールバーン・ストリート)へ向かう道の途中にあるスペイン料理店の「encasa(エンカサ)」へ入りました。

20081008-02.jpg
encasa(エンカサ)

店内は広いのですが、満席です。予約をしていた僕らは席へ座り、注文。

最初に運ばれてきたのはSangria(サングリア)

シャングリラ??
それはシドニーにあるホテルの名前。

サイゼリヤ??
それは日本にある安いイタリアンレストラン。

サイゼリア??
それは「パッと!さいでりあ~♪パッと!さいでりあ~♪大好きな街だ~から~♪」と小林亜星さんが歌いながら出ていた新興産業のCM。この新興産業は倒産してしまったようです。


説明しよう。Sangria(サングリア)とは?

赤ワインを甘いソーダやオレンジジュースなどで割って、一口大のフルーツ(レモン、リンゴ、バナナ、オレンジなど)にシナモンを少々加えた飲み物。フレーバードワインの一種。ラム酒や砂糖を加えることもある。清涼感があるため夏場によく飲まれる。サングリアという言葉はスペイン語で血を意味するsangreという単語に由来するのであ~る

20081008-03.jpg
(Wikipediaより)
Sangria(サングリア)

これは飲みやすいです。調子に乗って、ドンドン飲みました。ブイ・バーでビールを飲んだにも関わらず、飲みました。そして頭が痛くなりました。ガンガンと・・・。

その後、ピザ、スパゲティ、ソーセージ、サラダ、海老の焼いたもの、大きなミートボール、マッシュルームを焼いたものなどを注文し、満腹。

ここのピザ、すごいんです。そんじょそこらのピザと何が違うかと言いますと、チーズの伸びが違います。テーブル中央に置かれているピザを身を乗り出してとろうとすると、どこまでも伸びて、切れません。たぶん、表のPitt St(ピット・ストリート)まではいけます。

20081008-04.jpg
見た目は普通だけど、伸びるとすごいピザ

さらにさらに誕生日が数日前だった友達がいて、ちょっとした誕生日会になりました。

20081008-05.jpg
誕生日ケーキ


友達と別れたのが23時10分。次の電車は11時24分です。encasa(エンカサ)からTownHall(タウンホール)駅までは歩いて15分。これは走らなければいけません。

満腹、飲み過ぎ(僕にしては)で頭がガンガン。でも、走らなければいけません。次の電車を逃したら30分後なのです。

はしる~♪ はしる~♪ おれ~だ~け♪(おれ~た~ち♪)

サンプラザ中野の歌声が聞こえる中、走りました。
全力疾走ではなくて小走りだたのですが、何とか出発の5分前にはタウンホール駅に到着。僕の家があるAshfield(アッシュフィールド)駅はInner West Line(インナー・ウエスト・ライン)上にあります。

タウンホール駅内のインター・ウエスト・ラインのプラットホームは1番。そこへ続く階段を下ろうと思ったら、通過禁止。よく見ると他のラインへ続く階段も通過禁止。

「なぜ?なぜ?理由はどうでもいいけど、このままじゃ帰れないじゃん」

慌てて駅員を探しますが、遅い時間なので、誰も見つからず。走り回っていたら「インター・ウエスト・ラインはCentral(セントラル)駅で乗り換え可能」という標識を発見。

よく見渡すと、ありました。1つだけ通過できるプラットホームへの道が!今の僕にはこの道を行くしかありません。

この道を往けば、どうなるものか。危ぶむなかれ。危ぶめば、道は無し。踏み出せばその道が道となり、その道が道となる。危ぶむなかれ、行けば分かるさ。ありがとう~
アントニオ猪木(元ネタは一休 宗純)

プラットホームにセントラル駅行きの電車が来ました。電車に乗っている運転手?みたいな人に「アッシュフィールドに行きたいんだけど、セントラルでは何番のプラットホームに行けばいいの?」と聞きましたら、「19番だよ」との答えが。何とか家に帰れそうです。

セントラル駅へ到着しプラットホーム19番へ走りました。もしかしたら一歩の差で電車が発車してしまうといけませんので。

プラットホーム19番の前にて。「なんでやねん!通行禁止のボードがここにも」「一体どうすればいいんだ。この時間で電車がなくなっていたら、家には帰れない」と思っていたところに、駅員らしき人が出現。

怖そうな感じの人でしたが、どうすればアッシュフィールドに帰れるか聞かなければいけません。

思い切って尋ねると「○×※◇△」

あまりにもモゴモゴと話すので、ほとんど聞き取れませんでした。聞きなおしても、ドンドンと先に行ってしまい、その人だけ改札を出てしまいました。

何となく「二十何番。何とかかんとか」と聞こえた気がします。このセントラルア駅は広くプラットホームがたくさんあるので、探すのが大変です。

調査の結果、20番台で空いているプラットホームは22番しかありません。階段を一気に駆け上ると電車がちょうど来たところ。電光掲示板を見るとアッシュフィールドの名が。

やっとやっと帰れます。席に着くと明らかに怖そうな方々がたくさんいましたが、文句は言っていられません。しばらくすると汗がとめどとなく出てきて、もうTシャツがベタベタでした。

家に帰り、翌日のランチを作り、シャワーを浴び、寝たのですが、翌日は確実に寝不足になりそうです。

スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報