fc2ブログ

ギャンブル


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

休みの日なのに珍しく、朝早く起きて行動しました。

まずはインターネットカフェに行き、1時間(3ドル・約300円)インターネットを使用。

昼食は以前にも行ったことのあるフィッシュマーケット。いろいろと悩んだ結果、今回は奮発して、シーフードの盛り合わせであるシーフードプラター(28.50ドル・約2,850円)とロブスターの半身(18.50ドル・約1,850円)を注文しました。

「どんな料理が出てくるかなぁ」と楽しみにして、料理を受け取ると・・・。

揚げ物ばかり・・・。

20080804-01.jpg
シーフードプラターとロブスターの半身

タコの炒めたもの、貝柱、カラマリ(イカリング)、フライドポテト、エビフライ、白身魚フライ。

一見、ロブスターはおいしそうですが、グラタン風になっていて、味が非常に濃く、オイリーでした。

全体的に味は良かったのですが、量が多く、ほとんどが揚げ物だったので、胃がオイルまみれになった気分です。

揚げ物でお腹がいっぱいになったところでフィッシュマーケットの近くにあるStar city casino(スター・シティ・カジノ)に行ってきました。

僕は別にギャンブル好きではありませんが、観光気分でカジノが見たかっただけです。

20080804-02.jpg
Star city casino(スター・シティ・カジノ)入口

中に入るとかなり広く、ポーカー、ブラックジャック、ルーレット、スロットマシーンなどなど、人を誘惑するゲームが揃っています。

いくら観光気分で来たとは言え、少しはギャンブルをしたくなるのが人間の心理。ただ、多くの金額を賭けるわけにはいきませんので、1セント(約1円)からできるスロットマシーンへGO。1セントと言ってもたくさんのラインに賭けたり、1つのラインに多くの金額を賭けられますので、1度に50セント(50円)以上は賭けられます。

スロットマシーンに5ドル札を入れ、いざ勝負。少しずつですが、お金が増えていきます。増えます。そして5ドルが10ドルに増えました。

ここでやめればいいのですが、人間、欲が出るものです。そのまま続けたのですが、5ドルまで減り。結局は最初の掛け金と同じ5ドルで止めました。最初は5ドル札を入れたのですが、返ってきたのは1ドルコインが5つ。

お札からコインに、両替しただけになってしまいました・・・。

まぁカジノを経験できただけで、今日のところは勘弁しておいてあげます。

カジノで引き分けに終わった後、チョコレート・ブランドのLindt(リンツ)のカフェへ。

リンツのチョコレートは日本など多くの国で買えますが、カフェがあるのは珍しいそうです。

そこでLindt Hot Chocolate Dark(リンツ・ホット・チョコレート・ダーク)6.5ドル・約650円、Lindt Delice(リンツ・デリス)4ドル・約400円を注文。リンツ・デリスは2つ注文するともう一つおまけがついてきますので計3つです。

20080804-03.jpg
Lindt Hot Chocolate Dark(リンツ・ホット・チョコレート・ダーク)とLindt Delice(リンツ・デリス)

ホット・チョコレートはミルクとチョコレートに分けれていますので、自分の好みに合わせて、混ぜることが出来ます。味はダークなのにかなり甘めです。

リンツ・デリスはバニラ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツを注文したのですが、こちらもかなり甘く、糖分の取り過ぎ、間違いなしです。

ホット・チョコレートにミルクを注ぐときにはミルクをこぼし、リンツ・デリスは食べているとボロボロと落ちるので、テーブルが汚くなってしまいました。

20080804-04.jpg
汚くなってしまったテーブル

リンツ・カフェの感想は・・・

甘い。

スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報