fc2ブログ

恐怖の針


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

3回目のカイロプラクティックに行きました。

シティ・クリニックでいつものように背中をマッサージ、思いっきりボキボキ、そして左ヒザへ鍼灸。

今日は前回と違う場所へ針を刺すらしいです。最初はヒザの周りに3本刺し若干の痛みがあるものの、問題ありませんでした。先生がスネの当たりをマッサージし始め、「今日はここに刺すよ~」と言いながら、ズブッ!

これが痛いんです。神経に刺さる痛みが頭の先まで届きます。通常、針を少し刺してからトントントンと3段階に分けて刺していきますが、スネの時は最初の一刺しでピキィ~ンと神経の痛みが来て「ちょ、ちょっとストップ」と思わず日本語と英語を混ぜて言ってしまったぐらいです。

しかも、その部分に2本も刺され、完全に戦意喪失。「もう針は嫌だ」と何度も思いながら、自分の足に刺さった針の山(実際には5本程度)を見て、呆然としていました。

10分間放置され、ようやく針を抜くときが来ました。

勢いよく1本ずつ抜くのですが、スネの部分の針を抜くときは物凄く痛かったです。

もう嫌です。

通常、海外旅行傷害保険を使用し、病院からの紹介でカイロプラクティックに行った場合は3回で一区切りだそうです。

シティ・クリニック(カイロプラクティック)の先生からは「来週も来てね」と言われたのですが、4回目の場合はタウンホール・クリニック(病院)の先生の許可も必要とのことでしたので、タウンホール・クリニックで診察をしてOKをもらいました。

と、言うことは・・・あと1回、鍼灸をしなければいけません。考えるだけで「行きたくない病」の発作が起きそうです。

厳しい戦いが終わった後、日本から契約をしているエージェントに行きました。いつものようにビルの入口を入りエレベーターで上がり、エージェントが入っているオフィスに行くと、何もないのです。

部屋の中は空っぽに近く、工事中なのか作業員らしく人が数人いるだけなのです。階を間違えたかと思ったのですが、合っています。

「もしかして倒産?」
「それとも僕が知らないだけで移転した?」

いろいろと部屋の周りやロビーを調べたのですが、結局は手がかりらしいものが見つからず、あきらめました。

時間があるときにゆっくりと調べようと思います。

スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報