スポンサーサイト


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィッシュマーケットと夜景


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

いつもは7時~16時までしか営業していないフィッシュマーケットが、23日から24日にかけて36時間営業すると聞いて、友達と行って来ました。

その途中、クリスマスデコレーションをしたバスを発見。

20081223-01.jpg
クリスマスデコレーションのバス


写真を撮っていたら運転手もポーズをとってくれました。

20081223-02.jpg
ポーズを決める運転手


フィッシュマーケットに到着し、ウロウロしていたら「Moon Fish(ムーンフィッシュ)」という大きくて、少し気持悪い魚が見物客用に置いてありました。

20081223-03.jpg
「Moon Fish(ムーンフィッシュ)」


夕食にシーフードミックス(白身フライ、ポテト、イカリング、カニ棒フライ、タコ)とグラタン風カキを購入。この後、白身フライを追加しました。

20081223-04.jpg
シーフードミックス

2人でこの量では少ないのですが、僕は職場でケーキを2つ食べてきたので、これで満足です。多くの揚げ物(たぶん悪い油)のせいで、胃がムカムカしたのは言うまでもありません。

今日のフィッシュマーケットは36時間の営業なので、「特別なイベントをしているかも?」と思っていたのですが、僕の知る限りではありませんでした。

その後、ダーリングハーバーへ行き、クリスマスツリーや夜景を撮影。

20081223-05.jpg
クリスマスツリー


20081223-06.jpg
ダーリングハーバーの夜景


20081223-07.jpg
マーティンプレイスのクリスマスツリー


クリスマス前でいろいろな場所にクリスマスツリーがあり、人で賑わっています。

スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

フィッシュマーケット


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

シドニーにはフィッシュマーケットがあり、地元の人にも観光客にも人気の場所です。どうですか?フィッシュマーケットってちょっとオシャレな感じの名前ですよね。

それでは日本語に訳します。

魚市場

フィッシュマーケット = 魚市場

何だか全然イメージが違います。

このフィッシュマーケット、世界で第2位の水揚げ量なのだそうです。では、世界で第1位はどこか?

魚市場の中の魚市場、東京にある「築地市場」です。シドニーでオーストラリア人が日本人を見れば「一度でいいから世界で一番の築地の魚を食べてみたい」と言われるぐらいです(99%が冗談)

フィッシュマーケットは観光客に有名なダーリングハーバーから歩いて10分ぐらいのところにあります。あると思います。

どうして自信がないかと言いますと、僕はQVB(クイーンビクトリアビルディング)にあるバス停からバス(443番)に乗ったのですが、降りるところがわからず、本来なら降りなければいけないバス停を通り越してダーリングハーバーに到着しました。「ダーリングハーバーからなら歩いても遠くない」と思い、歩いていましたら、逆の方向に歩いていて、迷った挙句、合計で45分ぐらいかかってしまったのです。

帰りに気付いたのですが、フィッシュマーケットに行く場合、ダーリングハーバーにあるピアモントブリッジをまっすぐに、途中どんな誘惑があってもまっすぐに進むと、青い建物のフィッシュマーケットが見えてきます。

IMG_2344_R.jpg
フィッシュマーケット

日本の魚市場でも食事ができるところがありますが、ここフィッシュマーケットも食事ができます。営業時間は7時~16時までなので、基本的にはみんな昼食をとりに来ます。

IMG_2333_R.jpg
フィッシュマーケットの中

たくさんのお店と海産物があり何を食べようか迷った結果、茹でエビとイカリングを購入。それぞれ8ドルぐらいでした。

な、なんと友達が白ワインを持ってきてくれました!シーフードを食べながらの白ワインは最高です。

IMG_2339_R.jpg
茹でエビ、イカリング、白ワイン、謎の白い物体

この写真の中に白い物体が見えますよね?何だかわかります?

ご飯です。

日本人なら米なので僕らは家から持参しました。最初は何かの容器に入れてこようと思ったのですが、冷凍ご飯をレンジで解凍してそのまま持ってきてしまいました。

そうしたら何とも貧乏臭く、食べるのに恥ずかしいです。

そこで名案が浮かびました。「このまま机に置いて箸で食べると情けないけど、おにぎりにすればピクニックっぽい!」

オーストラリア人や中国人の目線を横目で感じながら、僕はご飯を握って握って、おにぎりを作りました。白ご飯だけなので「ぼ、ぼ、僕はおにぎりが好きなんだなぁ」(山下清)状態になりましたが、これで食事が開始できます。

おいしかったです。特に愛情がこもった、おにぎりが。フィッシュマーケットはおススメです。


フィッシュマーケットで昼食を楽しんだ後、2つのアパートを見学しに行き、Artarmon(アーターモン)というシティ(中心地)から電車で20分ぐらいのところに良いアパートがありました。

ただ、そこは僕よりも先に見学の予約を入れている人がいますので、その人の返事待ちの状態です。

そこが決まれば来週の月曜日に引っ越すことになります。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。