fc2ブログ

世界で一番安いもの


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

今、オーストラリア国内で世界で一番安く買えるものがあります。

それは「iPod」です!



まずはビッグマック指数を先に説明させてください。

ビッグマック指数とは・・・?

ビッグマック指数(ビッグマックしすう、Big Mac index)は、各国の経済力を測るための指数。マクドナルドで販売されているビッグマック1個の価格を比較する。ビッグマックはほぼ全世界で同一品質のものが販売され、原材料費や店舗の光熱費、店員の労働賃金など、さまざまな要因を元に単価が決定されるため、総合的な購買力の比較に使いやすかった。これが基準となった主な理由とされる。

具体的には、たとえば日本でビッグマックが250円、アメリカで2ドルのときは、250/2=125となり、1ドル=125円 がビッグマック指数となる。もしこの時点で、為替レートが1ドル110円だとすると、為替相場はビッグマック指数に比べて円高であり、この後、125円に向けて円安が進むだろう、などと推理する。(Wikipediaより)



最近ではiPod指数(基準はiPod nanoの8GB)というものがあり、オーストラリア・ドル下落のおかげで、iPodが世界で最も安く買えるのはオーストラリアということだそうです。

もちろん日本人にとっては円高なので、オーストラリア以外の国でも安く買えますが、オーストラリアドルは他の通貨に比べても安くなっていますので、この結果が出たようです。

ということで、最近ではオーストラリアに訪れる日本人観光客でiPodを購入していく人がいます。

こんなチャンスを見逃せません!僕のiPod nanoは3年前に購入した初代のiPod nanoです。まだ壊れていないので、使えることは使えますが、充電のもちが悪くなってきたのと、イヤホンがボロボロになってきたので、思い切って新しいのを買うことにしました。

単純に新しいものが欲しいだけなんですけどね。

購入するために向かった場所は、世界で2番目に大きいと言われているApple Store(アップル・ストア)です。世界で1番大きいのはどこですかって?たぶん、アメリカなんじゃないんでしょうか?たぶん・・・。

20090116-01.jpg
Apple Store(アップル・ストア)


iPod touchか、iPod nanoか、で迷いましたが、touchはまだ僕が求めているレベルにないと判断して、nano(16GB)を購入しました。カラーは9種類あり、最終的にはブラックかブルーで迷いましたが、ブラックに決定。

20090116-02.jpg
購入したiPod nano(写真には8GBとありますが、僕のは16GB)


ここで重要なのが価格です。

日本の定価=23,800円
電気屋=23,000円
価格.comの最安値=2,1000円(本体)+500円(送料)=21,500円

オーストラリアの定価=279ドル

去年は1ドル(豪ドル)は約100円でしたが、最近では1ドル(豪ドル)が60円です。

279ドル×60円=1,6740円

定価で比べると7,060円、価格.comと比べても4,760円のお得です。

さらに古いiPodを購入時に渡せば10%の割引をしてもらえます。

さらにさらに日本に帰国する人はオーストラリアの同一店、同一時間に300ドル以上、購入すれば帰国時に10%の税金が戻ってきます。

iPod nanoを購入した場合はケースを購入する人が多いと思います。こちらでは29.5ドル~39.9ドルで販売されています。

僕は古いiPod nanoはUSBメモリとして使うため、購入時には渡しませんでした。

今回のまとめ

279ドル(本体)+39.9ドル(ケース)=318.9ドル

318.9ドル×10%(税金の払い戻し)=287.01ドル

287.01ドル=17,220円(1ドルが60円で計算)

17,220円でiPod nano本体とケースが購入できてしまうのです。

ここまで計算して、今回の購入に至りました。

ただ、僕の場合は三菱東京UFJの国際キャッシュカード機能を使って日本の口座からドルを引き出したので、通常のレートに若干の上乗せがあります。

日本円の現金からオーストラリアドルに両替をしてもレートの上乗せ(約5円)がありますので、お気をつけ下さい。

日本からの旅行の際にはトラベラーズチェックがオススメです。日本円からオーストラリアドルのトラベラーズチェックを作る際に少し手数料がかかりますが、こちらでの交換レートが現金同士の両替に比べて、かなりお得です(通常のレートに1円、2円の上乗せ)


僕は定期的に買い替え(同じメーカーで)をしたいものが3つあります。

僕にとっての3種の神器・・・

デジカメ(キャノン)
iPod(アップル)
パソコン(ソニー)

少し前にデジタルカメラを購入し、今回はiPod、パソコンを買い換えれば、久しぶりに全て新しくなります。日本に帰ったら新しいVAIOをチェックしなければ!

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

アーリーの行列


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

雲ひとつない晴天だったので、布団を干し、洗濯をしました。

廊下を歩いているときに何気なく下を見ると、小さな黒い生き物たちが行列を作っています。

僕の家は玄関の近くに僕とシェアメイトの部屋が向かい合っており、その奥にもう1人のシェアメイトの部屋とトイレが向かい合っています。オーナーの部屋は一番奥。

その黒い生き物であるアーリーが玄関からオーナーの部屋まで行列を作って行進しています。

「一体、オーナーの部屋に何が?」と興味深々でしたが、まさか勝手に覗くわけにもいかないので、アーリー退治を優先することに。

掃除機で吸い込むか?と思いましたが、シェアメイトがテーブルなどを拭くときに使うクリーナーを持ってきて、シュッシュ。アーリーたちが完全に動きを止めました。

行列全てをシュッシュして、一段落。安心して外出ができます。

洗濯、昼食、シュッシュをしていたら、14時になってしまい、「このまま家にいようかなぁ」と思いましたが、重い腰を上げて外出をしました。


今日の目的地は「海洋博物館」

「帰国までにいろいろなところへ行っておこう計画」の一環です。それが例えつまらない場所でも・・・。

ここは戦艦や潜水艦を見るには有料ですが、基本的な博物館部分は無料です。

20090115-01.jpg
海洋博物館


30分ほど見学しました。

20090115-03.jpg



20090115-02.jpg
船の先につけるもの?


感想・・・一度、記念に行けば十分(僕にとっては)

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

シドニー博物館と現代美術館


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

サーキュラー・キー駅付近にある、シドニー博物館と現代美術館へ行ってきました。

まずはシドニー博物館。

20090111-02.jpg
シドニー博物館

入場料は10ドル(約1,000円)、中は3階建てになっていて、シドニーの歴史に基づいた作品が展示されています。

写真を撮っていたのですが、どうやら館内は撮影禁止らしく、係りの人に怒られました。(>_<)

感想は・・・記念に1度入れば十分。


次は現代美術館。

ここは入場無料。ここもどうやら館内は撮影禁止らしく、作品をお伝えできないのが残念ですが、一般人には理解不能な作品が多いです。きっと芸術に興味がある人には素晴らしいんだと思います。

20090111-03.jpg
現代美術館

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

ウイニングイレブン


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

仕事帰り、タウンホール駅からバスで約15分のSurry Hills(サリーヒルズ)にある友達の家に行きました。

その家は高級なアパートが並んでいる一角にあり、とても新しくて立派なところ。Ashfield(アッシュフィールド)にある我が家とは比べ物にならないぐらいの快適さです。

その友達がわざわざベトナム料理を作ってくれ、ビールを飲みながら、楽しくいただきました。

そして!

なんと!

僕の大好きなウイニングイレブンがあるのです!

そうウイニングイレブン。それはサッカー好きにはたまらないプレイステーションのサッカーゲーム。日本にいるときには友達と定期的に集まって、繰り広げられたウイニングイレブン大会。

オーストラリアで発売されているウイニングイレブンは日本のものと若干異なりますが、ほとんど同じ。

夕食後、友達と必死になって楽しみました。

気合を入れてやり過ぎたために、帰宅したのは深夜1時ごろ。満腹、ゲーム三昧、睡眠不足のため、ベッドに入ったら、のび太くん並みの早さで眠りにつきました。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

我が家の電化製品


 シドニーで失敗しないための生活術
 シドニーで生活するために役立つ情報を提供します♪

最近、電子レンジの調子が悪いです。

我が家の電子レンジについては前の日記でも少しご紹介しましたが、温めたいものを電子レンジの中にいれ、スイッチをオンしますと、かなりの確立で、ガガガガァッ、ボボボボッという音と共に稲光が発生し、爆発寸前になります。

これ、かなり危険な状態です。いつ爆発するか分かりません。

稲光が発生するようになってからは、僕は怖くて使用していませんが、アパートのオーナーやシェアメイトは温めにチャレンジしています。

オーナーの考えでは「まだギリギリの状態(僕にとっては使える限界をとっくに超えています)で使えるから、新しい電子レンジを購入するのはもったいない」ということだと思いますが、僕はお金を出してでも新しいものが欲しいです。

電子レンジがない生活(オーナーにとってはまだ存在していることになっていますが・・・)はとても不便です。


電子レンジ以外にも問題はあります。

僕とシェアメイトが一緒に買った炊飯器が壊れました。まぁ安かったとは言え、3ヶ月足らずで壊れてしまう製品もどうかと思います。もちろん日本製ではありません。

「もしかして復活するかも」と儚い思いを抱きながら、電源が入らなくなってしまった炊飯器がキッチンには置かれています。


それともう一つ。

洗濯機が壊れそうな感じです。

先日、僕が使ったときのこと。洗濯物と洗濯洗剤(粉)を入れ、電源をオン。1時間後、洗濯物を干すために洗濯置き場に行くと、途中で止まっているのです。

フタを開け閉めすると動き出しましたので、そこから離れ、30分後に念のため様子を見に行きました。

またまた止まっています。

もう一度、フタを開け閉めしましたら、最後までいきました。


我が家の電化製品の状態

炊飯器=故障(復活待ち)
電子レンジ=僕にとっては故障。オーナーにとってはギリギリ使える状態。
洗濯機=壊れそう。

まさに満身創痍の電化製品たち。

約1ヶ月後に僕はこの家を出る予定なので、それまでは何とか彼らにはがんばって欲しいです。

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報